THE JEANS FIT GUIDE

多くの女性にとって、デニムはワードローブの中でも最も出番の多いアイテム。スニーカーに合わせるもよし、ヒールに合わせるもよし。ただ、カッティングを始め、ウォッシュ加工から裾の処理まで無数にあるデザインの中から自分に一番似合うデニムを見つけるのは至難の技。そこでTHE OUTNETが誇るジーンズのエキスパートが、お好みのデニムを見つける方法を伝授。ポケットの位置やバックヨーク(ヒップ上部の生地の切り替え)はどうあるべきか、着用時の美しさはどうか――、自分だけのベストを見つけて!

Woman in workwear clothing

THE BOYFRIEND

ボーイフレンドデニム:ゆったりしたデザインはまさにボーイフレンドのデニムを借りたかのようなラフなシルエットを女性用のデニムに落とし込んだもの。トレンドが目まぐるしく変わり続けるデニムの中でも、ボーイフレンドデニムはいつの時代も人気が高い定番スタイル。どんな体型の女性にもフィットするオーバーサイズ仕立てで、快適な着心地も人気の秘訣。ガールフレンドデニム、ママデニムやバルーンレッグなど豊富なバリエーションにも注目。

スタイリングのヒント:ドレッシーなパンプスサンダルを合わせればカジュアルなナイトスタイルに。

Woman in workwear clothing

THE HIGH WAISTED

ハイウエストデニム:ローライズの時代はもう終わり!今着るべきは、ハイウエストデニムだ。70年代に一世を風靡したハイウエストデニムを人気ブランドも続々と発表し、人気が再燃。いちばんの強みはウエストのくびれで女性の美しいボディラインを強調し、その他の隠したい部分から視線を遠ざけてくれること。エキスパートからのアドバイスは、バックポケットの上部の切り替え部分、つまりバックヨークの形を見極めること。スタイルを良く見せ、引き締まったボディラインを演出するためにはバックヨークがなだらかなV字を描くデザインを選ぶのが鉄則。

スタイリングのヒント:張りのあるシャツにコンテンポラリーなアクセサリーをプラスすればモダンな印象に。

Woman in workwear clothing

THE ICONIC SKINNY

スキニー:数ある中から、ひとつのデザインを選ぶとしたら……定番のスキニーをチョイスするのが正解!ウエストから足首までボディラインにぴったり添ったシルエットが細くて長い美脚の持ち主に見せてくれるから。女性らしい曲線を生かしたいならストレッチ素材がベスト。気になるパーツをカバーしてくれるダークトーンのウォッシュもおすすめ。

スタイリングのヒント:タイムレスなツイードのジャケットに合わせ、足元はヒールブーツでエレガントに。

Woman in workwear clothing

THE BOOTCUT

ブーツカット:いつの時代も根強い人気を誇るタイムレスなモデルといえば、ブーツカット。ヒップ周りはタイトに引き締め、裾に向かって繊細なフレアを描くシルエットは、足長効果抜群な上に、スタイルも良く見せてくれる。試着時にチェックしたいのはポケットの大きさと位置。大きければ大きいほど良く、ヒップと足の境目のちょうど上あたりに付いているものなら、バックスタイルを美しく見せてくれること間違いなし。

スタイリングのヒント:ブーツカットはマッチしないアイテムがないほど便利なスタイル。カジュアルからナイトアウトまで、あらゆるシーンで変幻自在に楽しんで。

Woman in workwear clothing

THE CROPPED CUT

クロップドデニム:インフルエンサーの間で人気があるのは、どんなシューズにもマッチするクロップドデニム。くるぶしの上あたりで裾がカットされていると足が長く見える最強スタイルに。背の低い女性なら切りっぱなしやフリンジ付きのヘムがおすすめ。

スタイリングのヒント:クールなブーツやデザインソックスを合わせて足元にアクセントを。夏場ならニュートラルカラーのサンダルでヌーディに仕上げて。

Woman in workwear clothing

THE STRAIGHT FIT

ストレート:数あるデニムの中でも、最もスタンダードなスタイル。シンプルであらゆるコーディネートにマッチする、究極の定番アイテムと言ってもいいだろう。レッグラインをまっすぐに仕上げたデザインはスタイルアップ効果の高いモデルとして多くの女性に愛されている。

スタイリングのヒント:フリル付きのトップスからニット、タンクトップフロックコートまで無限のコーディネートを楽しめる。ワードローブの主役級アイテムとして自分らしい着こなしを追求して。