HOW TO

メンズデニムガイド

デニムの最大の魅力は、時代の流れやトレンドに左右されないこと。ワードローブの中でも最も出番の多いアイテムであり、この先もずっと重宝することは間違いない。気をつけるべきは、クオリティが高く、自分の体型に合ったシルエットとウォッシュ、つまり正しいスタイルのデニムを選ぶことだけだ。次に買うデニムは、THE OUTNET が提案するデニムガイドからベストな一本をチョイスてみては。

Woman in workwear clothing

春のスリムスタイル

プライベートにはスリムカットのデニムが最適。フレームはウォッシュのバラエティが豊富な上に、ストレッチが効いているので履き心地も抜群。セルビッジや日本産のデニム生地を使用しているので、信頼度も高い。ラフなTシャツにボンバージャケットを合わせ、足元をクラシックなスニーカーでまとめるイージースタイルなら、昼でも夜でも、スタイリッシュで快適に過ごせるだろう。

Woman in workwear clothing

頼りになるダークウォッシュ

フォーマルにも活用できるダークウォッシュ。テーラードパンツの代わりに、シャツやローファー、トレンチコートなどタイムレスなアイテムとの組み合わせを楽しみたい。どんなルックもスマートカジュアルに仕上げてくれるから、季節を問わず楽しめるだろう。

Woman in workwear clothing

安心のライトウォッシュ

ライトウォッシュのデニムは、シーズンを超えて活躍してくれる定番中の定番。ストレートデニムでもブーツカットでも、ショートパンツでさえも、ライトウォッシュにすれば、カジュアルなニットもオーバーサイズのシャツもモードなイメージに変えてくれるだろう。着こなしのコツは、自分の体型に合ったシェイプを選ぶこと。自分にピッタリなデニムは日々のスタイリングに欠かせない1本になるはずだ。

Woman in workwear clothing

遊びのあるストレート

デニムにはさまざまなシルエットがある中で、ストレートシルエットは手持ちのどんなアイテムにもマッチする究極のデニム。特にアンクルブーツとの相性が良く、裾をブーツの上に被せた時の足元の様子は最高にクール。ラグ&ボーンのストレートデニムは、いつもの着慣れたアイテムを最新のスタイルにアップデートしてくれるだろう。

Woman in workwear clothing

永遠のデニムジャケット

“カナダ流タキシード”と呼ばれるデニムのセットアップスタイルから定番のレイヤードまで、あらゆるシーンで活躍する男の必須アイテム。寒い季節には上からコートを羽織って、春夏はジャケットもインナーも白で統一して爽やかなルックに、時には装飾のあるものやプリントもので個性を演出するなど、シーンに合わせて自由に楽しみたい。