THE OUTNET X BLANC

正しいドライクリーニングは私たちの衣類と環境を守るって知っていました?

ファッションで高額のお買い物をしたら、できるだけ長く愛用するためにもアフターケアは欠かせないもの。美しく繊細に作られたデザイナーズウェアには、必ずと言っていいほど、タグに「ドライクリーニングのみ」の洗濯表示がされています。そこで、英国有数のエコクリーニング会社BLANC(ブラン)に、大切な服を環境に配慮しながらお手入れする方法と、従来のドライクリーニングに代わる、持続可能な「グリーンドライクリーニング」について聞いてみました。

Wedding pictures
Blue cashmere sweater

WHAT DO DRY CLEANERS DO?

従来のドライクリーニングは、実はその名称とは裏腹に、ドライ=乾燥させるわけでもなく、クリーン=清潔でもないのです。実際には、衣類を有機溶剤に浸し、それを高温で蒸発させるという化学薬品を使用したプロセスを使っています。この方法は、油性など特定の汚れを落とすには効果的かもしれませんが、衣類の繊維や環境には大きな負担となります。使用される主な溶剤はパークロロエチレン(またはPERC)で、発がん性物質の可能性があるため、空気や土壌、水を強力に汚染するため、イギリス以外のフランス、デンマーク、アメリカのいくつかの州などでは禁止されています。

WHAT DOES A “DRY CLEAN ONLY” CARE LABEL MEAN?

クリーニング店によっては、「ドライクリーニングのみ」の表示を悪用している業者もいくつかあることが知られています。家庭でのドライクリーニングが可能な衣類であるにもかかわらず、お客様によるアフターケアのダメージのリスクを軽減するために、あえてこの洗濯表示をさせている業者もあります。

もちろん、デリケートな素材や刺繍、ビーズ、レザーが施されている衣類は、プロのクリーニング業者に依頼したほうが良いものもあります。家庭での洗濯が不安な場合や、シミがついた衣類で落とし方がわからない場合は、化学薬品を使わずに衣類をクリーニングできる、環境に優しい方法を採用しているクリーニング店を探すことをお勧めします。

WHAT IS GREEN OR ECO DRY CLEANING?

グリーンドライのクリーニング技術は、有毒な溶剤を使わなくても効果を発揮します。BLANCのような新しいエコドライクリーニング店は、専門的なケアと技術の組み合わせに重点を置いて、不必要に刺激の強い化学薬品を使用しないことで知られています。

このような化学薬品やエネルギーを大量に消費する工程を必要としないエコクリーニングは、従来のドライクリーニングが見落としていた、環境への配慮や安全性などを見事に網羅しています。低温でクリーニングすることで衣類への負担も軽減され、化学薬品を使用しないことで着用する人がアレルギー反応を引き起こしたり、敏感肌を悪化させたりすることを防ぎます。また、ここで一番重要なのは、クリーニング作業をしている従業員、衣類を着用するお客様、また周辺地域の住民が、溶剤の蒸気を吸い込んだりするということが一切ないことです。

環境に優しいドライクリーニングはたくさんあります。ここで、そのいくつかを紹介します。

Wedding pictures

WET CLEANING

ウェットクリーニングは、デリケートな衣類を洗うのに最も安全なクリーニングのひとつ。通常の洗濯よりも少ない水で、ソフト洗剤と優しい洗い方により、繊維にも優しく洗浄することができます。衣類に付いた汚れを効率よく落とすことができ、赤ちゃんや子供、アレルギーのある方にも安心でエネルギーと水の使用量も少なくてすみます。

CARBON DIOXIDE CLEANING

もう一つのクリーニング方として、CO₂(二酸化炭素)を使用したクリーニングがあります。二酸化炭素は自然界に存在する気体で人体にも環境にも無害、高圧によって液体に変化する、優れた天然溶剤です。特に油性の汚れに強く、クリーニングによる衣類の縮みを最小限に抑えることができます。

OZONE CLEANING

オゾンクリーニングは、酸化を利用した化学的な水処理技術に基づく100%低刺激性のクリーニング技術で、安全に消臭や防虫ができます。衣類の寿命を長くするというメリットがあるので、冬物の衣服を収納する前に最適なオプションと言えます。

ENVIRONMENTALLY FRIENDLY PACKAGING

ほとんどのクリーニング店では、クリーニング後の衣類を保護するためにビニール袋を使用していますが、これが地球にとって大きな負担となっています。ビニール袋は国内ではリサイクルができません。BLANCでは、すべてのプラスチックカバーを100%家庭で処理できるものにし、再利用可能なランドリーバッグも提供しています。

Blue cashmere sweater

THINGS TO LOOK OUT FOR WITH ECO DRY CLEANING COMPANIES

経験論から言うと、「グリーン」、「オーガニック」、「環境に優しい」というワードを大げさに強調しているクリーニング店には慎重になってもいいと思います。これらの用語はほとんど規制されておらず、悲しいことに、本当は環境にやさしくないのに環境にやさしいと大げさに広告している業者もあります。グリーンなクリーニングをしているかを確認するには、オンラインまたは店舗にて、どのようなドライクリーニングをしているかを尋ねてみましょう。実際に環境に優しい技術を使用しているクリーニング店は、そのプロセスがどれほど環境にとってベストであるかについて具体的な情報を共有できるはずです。