MAPPED OUT

WHAT TO DO IN… LA

LAは世界でも特にユニークで個性を持った街。その個性のひとつがデニムであり、LAで誕生した世界的に有名なデニムブランドも少なくない。7 For All Mankindのレディーズ部門デザインディレクターを務めるラリッサ・ノーブルはNYからLAに移住し、今ではすっかりこの街の虜になってしまったという。「カルチャーと自然の両方がリンクしているのがLAの魅力。広い空と燦々と降り注ぐ太陽の光、自然が豊かで街中にも緑があふれていて、とても穏やかな空気に満ちています。私の場合、平日は目まぐるしく変化するファッション業界で仕事をしていても、土曜日にはマリブでサーフィン三昧。自宅から海まで、たった25分で行けるんですよ」。ラリッサが教えてくれたLAのお気に入りスポットをチェック!

Wedding pictures

LA style is… 

LAはいわばデニムの街。実際ストリートを見渡すとトレンドのほとんどはデニムを軸に発展したものだとわかる。例えばボーイフレンドスタイルのダメージデニム、スラウチーなサーファーデニム、クリーンなインディゴのスキニージーンズに、昼間はロックTシャツやフーディーを合わせ、夜にはグラマーなトップスやヒールをコーディネートするのが典型的なLAスタイル。

MARU, LOS FELIZ

「白とニュートラルカラーで統一し、ミニマルにまとめた美しいインテリアが印象的。コーヒーの味も格別でオリジナルのマグカップに入れてくれるのがまたうれしいポイント。コーヒー好きにはたまらないスポットです」

THE NOW MASSAGE

「カッサマッサージやクリスタルヒーリングが受けられる店。代謝力をアップして、身体のバランスを整えたい人に。インスタ映えするインテリアで、オリジナルのアロマキャンドルやハーブ系のプロダクツも販売」

THE PALIHOUSE, SANTA MONICA

「1920年代のスペイン風アパートを改築した建物で、他では味わえないクールな体験ができるホテル。おすすめはレンタルサイクルでのアボット・キニー通りへのサイクリング。ショッピングとLA随一のグルメを一度に楽しめるはず」

THE LA LOOK

「カリフォルニアで誕生したデニムはLAスタイルを象徴するアイテム。サングラス、スニーカー、ヴィンテージデニム、水着、イージーなコットンワンピはもちろん、冷え込む夜に必要なパワージャケット(レザージャケットや重ね着用のライトなジャケット)も欠かせない。私はメンズのコットンシャツを重ね着したり、一枚でシャツワンピとして着るのが好きです」

Woman in workwear clothing

LUNCH AND COFFEE

Verve, Arts District

「いつもラップトップを抱えた人たち(脚本を書いている人が多いみたい)で賑わっているスポット。ローカルにも人気で、ジム帰りにふらっと立ち寄った感じののオシャレローカルの姿もチラホラ」

Alfred, Melrose Place

「病みつきになる抹茶、夢見心地になるコーヒー。雰囲気も抜群で、来店客のスタイルウォッチングをするだけで感性を刺激される場所」 

All Time, Los Feliz

「ブランチやランチにぴったり。いつも混んでいて、駐車場にテーブルが並ぶこともしばしば。オーナー夫婦の人柄か、ヒップなファミリー感もたまらない。パンが最高においしくて、集まる人もおしゃれ。ワンちゃんもウェルカム!」

BEST PLACES TO DRINK AND EAT LIKE A LOCAL

Mariscos 4 Viento, Boyle Heights

「LAは、アメリカ国内でも最高峰のメキシカンフードが堪能できる街。トラックの屋台もたくさんあって、これぞセビーチェ、と感激させてくれたのも屋台でした。安くて新鮮、一生忘れられない味、と三拍子揃っているなんてすてきでしょ?私のデザインチームのスタッフは、金曜日にはいつもここでセビーチェとトスターダを大量に買い込んでいますよ」

CULTURE SPOTS

The Eames House, Pacific Palisades

「建築好きなら感動すること間違いなし。海を見渡す絶壁の上に建っていて、見学ツアーもあります。周辺を散策するだけでも十分に楽しめるはず」

More must-dos 

Fryman Canyon

「お気に入りのハイキングスポット。360度、見渡す限りの渓谷という絶景が魅力。絶対に混雑しないのもうれしいポイント」

 Cliffs of ID

「雨が降っても、ここならインドアクライミングやボルダリングが楽しめます。初心者コースから上級者コースまで揃っているので誰でも楽しめますよ」