STYLE IT OUT

LOUNGE ON THE EDGE

90年代に大ブームを巻き起こした「グランジ」ファッションが、この冬、ついに復活!ルールや既成概念にとらわれずに自由にレイヤードを楽しむグランジは、快適でありながらモダンでエッジのきいたエフォートレスコーデそのもの。今季はラウンジウェアをベースにロマンティックなレースをあしらったサテンワンピやチェック柄シャツといった具合に、あらゆるテイストをミックスするのが鉄則だ。ラグ&ボーンやパコ ラバンヌ、ヘルムート ラングといったカジュアルからコレクションブランドまで、限りなく大胆に素材やパターンを組み合わせてコーディネートの幅を広げてみて。

Photographed by Benjamin Vnuk

Wedding pictures

RISE UP TO GRUNGE FASHION

カジュアルとエレガント、異なるテイストをルーズなシルエットでまとめるのが2022年版グランジコーデの基本。フーディーとダークカラーの花柄ワンピを主役に、ボリューム感のあるブーツを合わせれば、デイリーカジュアルの完成。

(左) イヤーカフ: コーネリア ウェブ (中央) フーディー: ヘルムート ラング、ワンピース: パコ ラバンヌ、レギンス: ヘルムート ラング、ブーツ: マージュ

WATCH THIS LACE

大胆さと意外性あふれるチェックとレースの組み合わせは、ベースのカラーを合わせるのがポイント。

シャツ: ラグ&ボーン、ワンピース: ステラ マッカートニー、イヤーカフ: コーネリア ウェブ

DON’T SWEAT IT

タートル&チャンキーシルエット、トレンド要素満載のケーブルニットはプリントシャツを袖から覗かせることで新しい表情が生まれる。

タートルネックセーター: N ピール、シャツ: MSGM、リング: メゾン マルジェラ

IN CHECK

グランジルックに欠かせないのは快適な着心地。リラックスしたトップス&ニットパンツもチェック柄のコートを羽織れば旬コーデの出来上がり!

コート: アメリカン ヴィンテージ、ワンピース: エンザ コスタ、パンツ: コルドバ、イヤーカフ: コーネリア ウェブ、リング: メゾン マルジェラ

PILE IT ON

シンプルなニットワンピにシャツを重ねて生まれるインパクト抜群なコーデ。オーバーサイズのシャツを選ぶのが成功へのカギ。

シャツ: マルケス アルメイダ、セーター、パンツ: ともにM ミッソーニ (日本未入荷)

Wedding pictures

LONG AND LEAN

グランジルックの醍醐味はレイヤードを楽しむこと。着丈を意識するだけで、こなれたムードになること間違いなし。

(左) ジャケット: イエンキ イエンキ、ボディスーツ: キャミ NYC、パンツ: ボンディ ボーン

(右) カーディガン: ニコラス、ブラジャー: ステラ マッカートニー、パンツ: セオリー、リング: メゾン マルジェラ

Art directed by: Liz Muller / Produced and cast by: Clio Cooper / Assisted by: Mia Georgaki / Styled by: Joey Ebbutt / Assisted by: Angel Cordova Todd / Hair by: Kota Suizu / Make Up by: Jenny Coombs / Model: Frida Westerlund @ Le Management / Produced on set by: Ellie Fenton.