Woman in workwear clothing

ASK A FASHION EDITOR: HOW TO WEAR COLOR 

コーディネートに色を上手く取り入れることが苦手な人も、すでに同系色の着こなしをマスターしている上級者も必見。スタイルディレクターのシニード・カッツが、この秋冬参考にして欲しい、色の組み合わせ方をご紹介。

Words: Victoria Lancaster 

STRIKE THE RIGHT BALANCE

色の組み合わせ方のポイントは、まずブラック、ホワイト、ベージュ、ネイビーといったベーシックな色をベースにし、そこに明るい色を足していくこと。配色のバランスは「7:3がお勧め」と、THE OUTNETのスタイルディレクター、シニード・カッツは語る。「カラーコーデに自信がある人は、レッドや、グリーンのような明るい2色をコーディネートに取り入れて思い切り大胆に。カラー初心者は、落ち着いたカラーパレットの中に鮮やかなアイテムを1点だけ取り入れて差し色に。きっと洗練されたスタイルに仕上がるはず」

バイトのベージュトレンチをベースにして、ジマーマンの鮮やかなレッドのパンツと、アイリス & インクの深いグリーンのカーディガンでバランスを取って。

FIND YOUR FAVORITES

私たちは、自分に似合う色は自分が一番知っていると思いがち。実際、他の人から似合うと提案された色より、個人的には他の色の方が好みで、魅力的に感じると思うことがあるはず。本当に自分に似合う色を見つけるコツは、「気になる色のアイテムを明るい昼間、顔に合わせ、どの色が一番顔写りが良いか、あなたが一番輝いて見えるかを試してみること」とカッツは言う。実は、似合う色については「ルール 」などなく、自分が心地良くハッピーになれる色をコーディネートしたほうが、より一層素敵に見えるもの。メゾン マルジェラの鮮やかなコートや、ジル サンダーのデイリーに使える定番アイテムなど、あなたのお気に入りの色でコーディネートしてみて。

EXUDE CONFIDENCE IN COLOR  

最高の気分で一日を過ごしたい日は、コーディネートに色を入れるのがお勧め。ジャクムスの大胆なピンクのブレザーでオフィスルックを格上げしたり、ドリス・ヴァン・ノッテンの大胆なグリーンのプリントシャツに、ネイビーやグレーのアイテムを合わせて個性を主張して。パーティーなどの華やかなシーンには、ステラ マッカートニーの美しいスカイブルーのサテンミディドレスで思い切りリュクスに楽しんで。

BRIGHTEN YOUR LOOK WITH VIBRANT ACCESSORIES 

コーディネートのどこに色を取り入れた方がいいのか頭を悩ませている?そんな時は、明るい色で大胆なデザインのバッグやシューズ、アクセサリーを使えば、平凡になりがちなコーディネートに簡単にアクセントを添えることができます。バブルガムのようなピンクがキュートなスタンド スタジオのハンドバッグや、ラ リーニュのネオンカラーのビーニーなどはマストハブ。これからの寒い季節、ワントーンになりがちなスタイルの仕上げには、カラー小物を主役にして気分から明るくハッピーに。

Wedding pictures